こどもが肩こり・首コリに悩む3つの原因はコチラ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ん~~!肩がガチガチだよ

こども君

こども君はなぜこ肩が痛いのか理由はわかっているかな?

こども整体博士

 

ここ数年でこどもの首コリ・肩コリが増えています。

当院でもこども達から首コリ・肩コリの症状を訴えることが多くなりました。

こども達の首コリ・肩コリの3つの原因は?

原因としては様々なものがありますが、身近なものとして ①重すぎるランドセル ②身体にあっていない机や椅子の高さ ③スマートフォン などがあります。

1重すぎるランドセル

最近のランドセルは技術の進歩もあり、軽量化も進んでいるようですね。しかし、教科書が大きくなったことに伴ってランドセルの容量も大きくなり、教科書を入れたときの重さは以前より重くなっているようです。


また、ほとんどの小学校ではその日に使う教科書やノートなどを毎日全て持ち帰りするため、その重量はかなりの重さになります。
重いランドセルを背負うと体は後ろに倒れやすくなりますよね。

後ろに倒れないよう、こども達は重心を前方に戻そうと身体の前面の筋肉を使うことになります。

特に体が小さく筋肉の発達していない低学年では、さらに身体を前傾させてバランスを保とうとします。
その結果、身体の前面にある筋肉が短縮して固まりやすく、猫背になりやすくなることで首コリ・肩コリを引き起こします。

2身体にあっていない机や椅子の高さ

最近は塾通いの低年齢化がすすんでおり、小学生でも30%程度、中学生では50%程度が学習塾に通っているようですね。

学校や塾、さらに宿題で自宅学習をするとかなりの時間机に向き合うことになります。

机や椅子の高さは身体に合ったものになっているでしょうか。


机が低すぎる場合は、首を必要以上に曲げたり背中や腰を丸めることで猫背に。

机が高すぎる場合には肩をすぼめるような状態になり首や肩・背中にかけての筋肉が過度に硬くなってしまいます。

短時間ではあまり影響はないかもしれませんが、学校や塾では一日のうちかなりの時間を過ごしています。
できる限り身体の成長に合わせて机や椅子の高さを調節し、身体に負担のかからない姿勢を心がけるようにしましょう。
また学校や塾では一人一人の体格に合わせることが難しい場合は、座布団を使用するなどして少しでも負担のかからない姿勢が取れるように工夫してくださいね。

3スマートフォンの普及

スマートフォンの普及に伴い、自宅や食事中、移動中などところかまわずスマートフォンを使う姿を見かけるようになりました。
スマートフォンの使用中は首を前へ傾けることで負担がかかり、首の彎曲が減少するいわゆるスマホ首やストレートネックという状態をつくります。
自然な彎曲が無い状態は首にかかる負担を上手く吸収・分散できないため、非常に疲れやすく、首コリ・肩コリの原因となります。


また小さな画面を凝視することによる眼精疲労も首コリ・肩コリの原因になります。
さらに、スマートフォンの発するブルーライトは目への刺激が強いため精疲労を助長するばかりでなく、寝る前に強い光を長時間当てることで自律神経に悪影響を及ぼし、睡眠の質が下がり疲れがとれにくくなります。

このように日常の中に首コリ・肩コリの原因が潜んでいますが、原因を完全に排除すこるとは非常に難しい環境になっています。そのため、今後はそれに対する予防や対処法をしっかりと身につけることが大切になってくるのではないでしょうか。

こども達の首コリ・肩コリ・猫背対策に

こども整体研究所では、こども達が元気に遊び、勉強に打ち込める体づくりのお手伝いをしています。

こども整体やヒモトレで、こども達の肩甲骨、首の動きを改善。

バランストレーニングでさらに身体能力を高めていきます。

姿勢確認

 

ヒモトレ

バランストレーニング

こどもたちの首コリ・肩コリや姿勢矯正で悩まれている保護者の皆様。

お気軽にこども整体研究所までご相談くださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© こども整体研究所 , 2018 All Rights Reserved.